2020年6月13日土曜日

コロナ対応でのセヴァ(奉仕)

OM SRI SAI RAM

当団体では、新型コロナウイルスに関連するセヴァを行ってまいりました。
その実施内容をフェイスブックにアップしましたので、転載いたします。


【生活困窮者のために手作りマスク】 日本語の報告は後にあります。 In March 2020, Sai volunteers in Kanazawa sent their handmade masks to Nagoya, where...
Sathya Sai Inernational Organization Japanさんの投稿 2020年6月8日月曜日


【医療従事者への食事提供(川崎・横浜)】 日本語の報告は後にあります。 In May and June, 2020, Sai Volunteers in Kawasaki and Yokohama served 100 lunch...
Sathya Sai Inernational Organization Japanさんの投稿 2020年6月8日月曜日


サティヤ サイ ババの御言葉です。
『奉仕という言葉は一般的によく使われるものとなりましたが、その価値はこの言葉を使う人々の偽善によって著しく低下させられています。実を言うと、痛みや苦しみ、苦悩や病を見て、それと同じ苦痛にさいなまれる者のみが、奉仕を捧げる権利を有するのです。それはなぜかというと、彼らは他人に奉仕をしているのではなく、自分自身に奉仕しているからであり、自分の苦痛をできる限り速く、知的に取り除こうと奉仕しているからなのです。他人に奉仕することは、人の苦しむ姿を見たときにあなたを満たす苦しみを軽減するのに必要な薬です。「私は自分自身に奉仕しているのだ」、「自分のエゴに轡(くつわ)をかけているのだ」、と感じなさい。そうでなければ、奉仕はあなたの自惚れを増長し、優越感を生じさせます。このどちらも霊的に有害です』

1967年4月21日の御講話
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSIOJ奉仕チーム
・お問い合わせ:
saihelp@sathyasai.or.jp
サイ セヴァ「助け愛の輪」メールグループへの登録

2020年6月7日日曜日

東松山市からのお礼状

OM SRI SAI RAM

被災された皆さま、ご家族、ご関係者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

当団体では、2019年に発生した台風19号に関わる災害ボランティアを、昨年11月に埼玉県の東松山市災害ボランティアセンターにて行いました。
その時の、お礼状が送られてきましたので、以下ご報告いたします。
~~~~~~~~~~~~~~
令和元年台風第19号(東日本台風)に伴う東松山市災害ボランティアセンターへのご協力について【お礼】

 日頃より、当会事業の運営につきまして、格別のご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、東松山市では、令和元年台風第19号の豪雨による甚大な被害を受けたことに伴い、令和元年10月14日に当会において災害ボランティアセンターを開設しました。これまでの間、被災者支援を続けて参りましたが、被害状況が一定程度の収束に向かっていることから、東松山市との協議の結果、4月末日をもちまして災害ボランティアセンターを閉所致しました。
 ボランティアの皆様、関係機関の皆様には多くの温かいご支援をいただきましたこと、深く感謝申し上げます。
 なお、今後は、東松山市社会福祉協議会ボランティアセンターにて、被災された方からのボランティアの依頼や相談に対応して参ります。引き続きボランティアの皆様の力が必要になる場面もあるかと思いますので、今後ともご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


令和2年5月吉日
社会福祉法人 東松山市社会福祉協議会
会 長   金 子 守
~~~~~~~~~~~~~~

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSIOJ奉仕チーム
・お問い合わせ: saihelp@sathyasai.or.jp
サイ セヴァ「助け愛の輪」メールグループへの登録

2020年6月4日木曜日

第6回関東地域合同献血セヴァのご報告

OM SRI SAI RAM

【第6回関東地域合同献血セヴァのご報告】

5月31日(日)に、東京の東急自由が丘駅 女神広場で行われました献血セヴァの報告がありましたので、皆様にお知らせいたします。

*****
献血には56人の申し込みがあり、うち2名は受付時間切れで受付できなかったそうです。
結果、54人申し込み、献血者数は41人となりました。
日赤担当者の方のお話しでは、一台の献血バスで賄えるほぼ最大の人数らしく、ここ最近では一番多かったようです。

サイの愛を感じる一日でした。

スワミの蓮華の御足にお捧げします。
ジェイ サイラム
*****

サティヤ サイ ババの御言葉です。
『調和と一体性の中で生活することを身に付けなさい。個人にとっての肉体は、村人にとっての村です。体内のすべての器官は、他のすべての部分と協力しながら機能します。もし足がトゲを踏んだら、痛みを感じて、目が涙を流します。もし目が路上にトゲや石があることに気づいたら、それを避けるよう足に警告します。村人たちは一つの有機体として、一体性という同一の感覚を育み、喜びや苦しみを分かち合うべきです。一体性という強みがあれば、あなた方にできないことは何もありません』
https://www.sathyasai.or.jp/mikotoba/discourses/d_19860522.html
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSIOJ奉仕チーム
・お問い合わせ: saihelp@sathyasai.or.jp
サイ セヴァ「助け愛の輪」メールマガジンへの登録

2019年11月12日火曜日

台風19号被害による長野県でのセヴァ1(長野市)

OM SRI SAI RAM

大型台風により被災された皆さま、
ご関係者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

本日は、山陰バジャン会メンバーから被災地でのセヴァ報告がありましたので、下記に掲載いたします。

【長野市での台風19号災害復興支援セヴァのご報告】
~長野県災害ボランティアに参加して~

オーム シュリ サイラム  

このたび、私は鳥取県が派遣する、台風19号にともなう長野県の災害ボランティアに参加いたしました。現地での活動は二日間で、帰りのバスの車中泊をふくめ、3泊4日の日程となりました。(令和元年10月27日(日)~30日(水))

まず初めに、私が「ボランティア」という言葉について考えていることをお話ししたいと思います。私たちは常々、この「ボランティア」という言葉よりは、「セヴァ」という言葉をよく用いると思います。このたびもセヴァチームというのが発足したばかりです。
この「セヴァ」という言葉と「ボランティア」という言葉の違いは何でしょうか? 表面的には、セヴァもボランティアも基本的には変わらないと思います。しかし、「セヴァ」はよく「奉仕」とも訳されます。私はこの「奉仕」という言葉のほうがより、セヴァという言葉の本質をよく捉えているように感じます。ニュアンスの問題です。

それでは何が決定的に違うのかと考えてみますと、「ボランティア」は「無償で社会のために自分の能力を活用し役立てる」という意味に対し、「セヴァ」と言うときには、先のボランティアの意味に加えて「社会(あるいは人)への奉仕は、神への奉仕」であるということを認識して行っているか否かではないでしょうか。むろん、そういったことを認識しながら「ボランティア」という言葉を使用する場合には、それでもまったく問題なく、同じように扱ってかまわないと思われます。(『セヴァ - 真のボランティア』という書籍もありますように。)

しかしながら、実際にはこの「ボランティア」をまず体験せずして、真の意味の「セヴァ」を理解することはできないのではと思います。まずは慈悲の心という動機からボランティア活動に参加して、様々な現地での体験を通じて、初めて「セヴァ」の真の意味を理解する「わずかな」きっかけになるだろうと考えます。
また、いろいろな諸事情から、こうした災害ボランティアなどに参加できないという方もおられるかと思います。そういった方々でも悲観することはないと思います。この日常生活の中におきましても、ババ様が講話で仰るように、家事など奉仕の機会はたくさんあるわけですので、そうした身近な活動を通じても、「セヴァ」を行なえるものと考えます。機会がありましたら、こうした災害復興ボランティアにも参加してみて下さい。

さて、本題の現地活動についてですが、現地は非常にたいへんな状況でありました。千曲川に沿った町でしたが、河川の堤防が決壊し、付近の住宅やリンゴなどの果樹園などが多く被災しました。集落の細い道を歩きながら確認しましたが、およそ2メートルもの高さの水に浸かったことが見てとれました。ボランティアセンターとなっていた老人ホームの敷地のフェンスの下にも、流れ着いたであろうリンゴの果実がいくつか止まっていました。
住宅街のすぐ近くの果樹園も、今が収穫期というように、リンゴをたわわに実らせながら、流れてきた泥が、一面を覆っていました。収穫する直前に、被災してしまったのでした。中には、果樹園の真ん中で軽トラが上下さかさまになっています。たいへん悲しい現実が、目の前にありました。


現地での活動は、一日目は住宅や敷地に置かれた被災ゴミ(「ゴミ」と言うことが心苦しい。なぜならこれらは日常的に使用していたものだから。)を軽トラに積む作業でした。軽トラに積み込んだ後は、ご主人が運転する軽トラに乗せてもらってついていき、被災ゴミの仮置き場に到着すると、それらをそこに降ろす作業を手伝いました。朝のうちは少なかった置き場のゴミも、次々と運ばれてきて午後には山になりました。

運んだものの中には、リンゴの生産に関わるものも多くあり、あるいは建物の木材、日常生活の使用品など様々で、重たいものは家の方といっしょに持ち上げたりしてお手伝いしました。午後、運ぶものが一段落しますと、地面に溜まった泥を道べりに出したりする作業でした。
二日目の作業はより大変でした。家の前のいわゆる馬屋(まや)の中に流れ込んで溜まった泥を、スコップと一輪車で外に運び出す作業でした。連続しての力仕事は、息をふき、汗をかきました。休憩を適宜とりながら、行っていきます。だいたい30分作業して、10分から15分くらい休憩するのを繰り返しました。雨模様でしたので、泥ですべらないよう、足元に気を付けながら作業しました。

ある休憩のとき、近くの公民館まで歩いて行ってみました。お宅を出てから行く道を右に曲がると、想像をはるかに超えた光景がありました。どこからか流されてきた家が、別の家に止まっていました。さらに道を進むと、基礎だけが残された住宅街が広範囲に広がっていました。

雨模様だったので、この日は午前中で作業中止になりました。ご近所で、炊き出しをしているということで、そちらのお昼もいただきながら、被災したお宅の駐車場で、被災者さんやボランティアの人で食卓を囲みました。被災された高齢のご夫妻とのお話もしつつ、なごやかに時間が経ちました。被災して大変な思いをなされたにもかかわらず、終始にこやかにされておられたのが印象的でした。
今回、こうした活動に参加して思いましたのは、被災地におもむいて、被災の片づけをお手伝いすることは、自分も被災を体験することだと思いました。その方の身になって、自分が被災したように思い、自分のことのように、その方のお家をきれいにしようと努力すること、この一念に尽きます。私たちにはたった二日のことですが、ここの方にとっては、毎日、何日も何日も片づけに向き合っておられます。それは大変お疲れのことでしょう。少しでも、そのご疲労の軽減に役立てたでしょうか。
サティヤ サイ ババの御言葉です。
『人体の助けを借りてどんな快楽を味わっても、それらはすべて肉体それ自体と同様に、いつの日か一瞬のうちに手放さなければなりません。そうした束の間の快楽のために幾多の試練と苦難に耐えるべきなのでしょうか? 皆さんは人間の体の内に存在するジーヴァ(個々の魂)を敬わなければなりません。それこそが真のダイヴァ セヴァ(神への奉仕)です。皆さんは自分の体をそうした奉仕にささげるべきです。もしそれを行うなら、人生の一瞬一瞬が新鮮で新しく、毎日が祭日となるでしょう』
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSIOJ奉仕チーム
・お問い合わせ: saihelp@sathyasai.or.jp
サイ セヴァ「助け愛の輪」メールマガジンへの登録

2019年11月9日土曜日

【保存版】災害復興支援セヴァをしたいと考えている皆様へ

OM SRI SAI RAM

被災された皆さま、ご家族、ご関係者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

【災害復興支援セヴァをしたいと考えている皆様へ】

水害は立ち入り禁止地域も多く、被災された方は地元の社会福祉協議会を通じてボランティアを要請するようになっています。
私たちも現在の状況では、手の足りない地域や場所、家を探して、近くの社協ボランティアセンターを通じてのセヴァが最も効率が良いと思っております。

●全国社会福祉協議会災害ボランティア情報

https://www.saigaivc.com/
●台風19号に関わる全国の被災地ボランティア情報
https://typhoon201919.shienp.net/

●災害ボランティア募集状況 
https://www.saigaivc.com/new/
●台風19号ボランティア参加者への支援として全国から出ているボランティア バス運行情報
https://typhoon201919.shienp.net/413

【被災地へ行ってセヴァをするときの確認事項】
1、服装・持ち物:飲み物、お弁当、ゴム手袋、防塵マスク、長靴、お持ちの方はスコップなど。下記サイトを参考に、汚れても大丈夫な服装と、替えの靴などをご用意ください。

●水害・震災時のボランティアの服装

https://www.saigaivc.com/volunteers/preparation/

2、ボランティア保険(天災AまたはBタイプ)にご加入ください。
「台風19号」「台風15号」「岡山県新見市豪雨」「8月27日からの大雨(佐賀県・福岡県)」に該当するボランティアについて、現地の(社協)災害ボランティアセンターが調整している活動に限り、特例として下記WEBサイトからボランティア活動保険に加入いただけます。(2019年10月28日現在)
https://www.saigaivc.com/insurance/

Q: ボランティア保険は基本タイプと天災タイプ、どちらに加入すれば良いですか?
A: どちらでも構いません。ただし、ボランティア活動中に地震・噴火または津波が起きたことによりケガした場合は、天災タイプ加入者のみ補償の対象となります。


3、車で移動する方は災害ボランティア車両高速道路無料措置の記入フォームをプリントアウトして、必要事項をご記入の上、高速道路をご利用ください。災害によって使用フォームが異なっていますのでお気を付けください。
https://www.saigaivc.com/freeway/

4、記録の写真とセヴァ参加された感想を奉仕チーム世話人 Sis.ワダ(以下のメール)までお送りください。
saipremaswaroopa@yahoo.co.jp
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSIOJ奉仕チーム
・お問い合わせ:
saihelp@sathyasai.or.jp
サイ セヴァ「助け愛の輪」メールマガジンへの登録

2019年11月6日水曜日

台風19号被害による東京都でのセヴァ1-2(八王子市)

OM SRI SAI RAM

昨日投稿しました、八王子市での2019年10月14日(月)のセヴァ参加者(サティヤ サイ多摩グループ)から、同日の報告がきましたので、以下に掲載いたします。

現地は、道路を埋め尽くす汚泥のため歩くことができない状態でした。
多くのサイ兄弟姉妹と、集まったボランティアの方々が力を合わせ、スコップで泥水を掬(すく)いながら汚泥を取り除いていきました。

ひと掬いは、ほんの僅かな泥しか救えませんが、多くの方々のひと掬い、ひと掬いが集まり、少しずつですが、道が見えてくる気がしました。

---------------------------------------------------------------

以下は、後日(10月17日)の多摩グループからの報告です。

先ほど、皆様とセヴァをしに行った浅川市民センター(注記:多摩グループの定例会場)の横を見に行きましたら、おかげさまで大分きれいになっていました。

社協のボランティアの方々が数名泥土の袋をトラックに積んだり、溝を女性2人が柄杓ですくって泥水出しをしていましたが落ち着いてきたようです。

セヴァにお越しくださったみなさま、ありがとうございました。


サティヤ サイ ババの御言葉です。
『人の真の本質を実感認識するのは、愛をもって知覚するときだけです。善悪を乗り越え、自分の周りのものすべてを等しい目で見、それらの内に神性を見るようになって初めて、サイ オーガニゼーションにいる人々は自らの真の目的を果たしていくようになるでしょう』

http://www.sathyasai.or.jp/mikotoba/discourses/d_19801123.html
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSIOJ奉仕チーム
・お問い合わせ:
saihelp@sathyasai.or.jp
サイ セヴァ「助け愛の輪」メールマガジンへの登録

2019年11月5日火曜日

台風19号被害による東京都でのセヴァ1(八王子市)

OM SRI SAI RAM

大型台風により被災された皆さま、
ご関係者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

【八王子市高尾町での台風19号災害復興支援セヴァのご報告】

2019年10月14日(月)八王子市高尾町での台風19号災害救援セヴァを行いました。
その日はサティヤ サイ多摩グループの記念祭の日で、前日に多摩グループより定例活動の会場である「浅川市民センター」近隣の町内会が冠水しているという知らせを受け、奉仕チームでは泥かき出しのお手伝いに行きました。


高尾の駅前の通りを曲がった途端に、歩道のタイルがはがれているのが見えました。
車のナビを確認すると、付近には立ち入り規制箇所が沢山あり、高速道路の出口も閉鎖中でした。
土砂が積もって、土ぼこりがたっている道路を見るにつけ、「川が氾濫したんだ。」と、被災地に来たことを突然実感し、緊張が走ります。

 「浅川市民センター」に着き、その地域にお住いの帰依者より町内会長をご紹介いただき、町内会の方、大勢の社協ボランティアの方々と一緒に市民センターの隣の道に向かいました。
この町内では南浅川の氾濫で、7軒のお宅が床上浸水の被害を受けたということでした。
町内のゴミ集積場にはヒーターなどの家電や、浸水してしまった家の内外からの沢山の災害ゴミがありました。



 前日と比べ、水は引いたということですが、粘土状の泥が道の脇に堆積していました。
その泥を地域にお住まいの方やボランティア総勢30人余りでかき出し、バケツやスチール一輪車に集めて、人海戦術で数十メートル離れた川まで捨てに行きます。
人数が多く、力持ちの男女が沢山いたため、泥は早いスピードでかき出すことができました。
ひたすら、バケツに集められては捨てに行くという作業を繰り返しました。



あるお宅では土砂が庭の植栽や、小石の上に沢山の土砂や木の枝が積もっていたので、先のとがったスコップでかき出し、木々は手でより分けて集めて、運ばねばなりませんでした。
しかも床上浸水しているので、畳を干し、床下からたらいで水をかき出してらっしゃいました。
その家の方は、外の土砂かき出しも一緒に手伝っておられました。

休憩中に隣の町内会長さんが仰っていたことですが、南浅川だけでなく、離れた場所を流れる、支流の川の水も溢れて、土砂を運んできたそうです。
「隣の町内会の作業が終わったから、こっちの町内会に手伝いに来た。自分のところが大丈夫だと、対岸の火事として知らんぷりする人もいるけど、すぐ駆けつけてくれる人もいる。この作業の上に、自分の仕事もあって大変だけど、放っておけないしね。」と微笑みながら仰っていました。

休憩を終えて戻ると、通りにはなぜか水が溢れ、くるぶしあたりまでの深さになっているところもありました。
「どうして水が来たのですか?」と尋ねると、浸水したお宅の床下からかき出したお水が、通りに溢れたということでした。
水をかき出していたのは、たった2軒ほどのお家だったのですが、大量の水が小川のように流れていました。
その後誰かがポンプを持ってきて、床下から汲み出し、排出作業を進めていました。
ある帰依者は排水がうまくいくよう、身をかがめて側溝の奥深くまで手を伸ばし、中の土砂をかき出していました。
軽トラックが2台来て、かき出した土を積んで運んでくれるようになると、作業がはかどり、土砂がなくなると、みんなで水をかき出しては捨て、お昼前までに付近の作業が一段落しました。

その地域に住んでいる帰依者の話しによると、町はお祭りでお神輿を担いだりするため結束していて、町内会長も「仲間は助けないと。」という心持ちの方なのだそうです。
地域住民の方々も、ボランティアも、終始協力的な雰囲気で、必要な声がけをしながら黙々と作業をしていました。
高尾山は関東有数の信仰の山です。
その麓に暮らす人々もまた、自然を畏怖し、高潔な思いの人々が助け合って暮らしている素晴らしい地域なのだと感じました。

サティヤ サイ ババの御言葉です。
『一体性、同朋意識、信愛は、どんな人間にも絶対に不可欠です。人々の間にこれらの神聖な性質を促進させるため、偉大な魂たちが、さまざまな宗教を成立させようと努めました。宗教は限定的な概念ではありません。宗教は、人間の人格を育て、正しく生きるための基本的指針を示すよう意図されています。宗教は、人の人間性を引き出し、人が人類同朋と和をもって生きることを可能にさせます。宗教は、個人と神との間の絆をもたらします。宗教は、この世の多様性の根底にある一体性を実証します』
http://www.sathyasai.or.jp/mikotoba/discourses/d_19901225.html
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSIOJ奉仕チーム
・お問い合わせ:
saihelp@sathyasai.or.jp
サイ セヴァ「助け愛の輪」メールマガジンへの登録