2022年1月31日月曜日

コロナ対応でのセヴァ(奉仕)7

OM SRI SAI RAM

当団体では、コロナ禍のなかでセヴァを継続的に行ってきました。
その実施内容をフェイスブックにアップしましたので、転載いたします。







サティヤ サイ ババの御言葉です。
『セヴァダル〔奉仕団体、奉仕団体の一員〕の責務は高い次元のものです。セヴァダルは、個人を「私」という立場から「私たち」という立場へ連れて行くサーダナ(霊性修行)の道に沿って、メンバー〔サイ オーガニゼーションの一員〕を導き、メンバーを通して全人類を導かなければなりません。このことは、セヴァダルに置かれるにふさわしい重要性をセヴァダルに与えています。その意味を深く掘り下げたとき、初めて人はそれを悟ることができます。皆さんはあらゆる仕事を礼拝として昇華させ、人生のすべての瞬間をそうした態度で費やすよう努めなければなりません。そうしてこそ、皆さんはこのオーガニゼーションの一員であることを正当化することができるのです』
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSSIOJ奉仕チーム
・お問い合わせ: saihelp@sathyasai.or.jp

2022年1月13日木曜日

クリスマス セヴァ

OM SRI SAI RAM

ジャパン サイユースが中心となって、ユースOBや全国の有志の方々の協力のもと、児童養護施設の子供たちへクリスマスプレゼントを届けるセヴァをしました。

ユースメンバーよりその報告文が来ていますので、以下に掲載いたします。

★☆★☆★☆★☆★☆
ババ様の蓮華の御足に感謝のお祈りをいたします。

昨年12月19日(日)に児童養護施設 長田こどもホームで生活する31名の子供たちへクリスマスプレゼントをお届けしました。

プレゼントは、文具用品(ペン、ノート、消しゴム、キャラクターものなど)お菓子、ハンカチ、折り紙、色鉛筆、手作り巾着袋、クリスマスカードを贈りました。
スタッフの方もとても喜んでくださり「ちょうど今年のクリスマス会のミーティングをスタッフとしてたところです」と言っておられました。

皆様とスワミのあたたかい愛を子供たちにお届けすることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

お礼状も届き、子供たちは「サンタさんが一生懸命作ってくれたんだ〜!」とプレゼントを抱きしめていたそうです。

子供たちの喜んでいる姿を想像しただけでも、とても嬉しく、私たちはスワミの愛を絶え間なく抱きしめ、愛を広げていけたらと思います。

サイラム
★☆★☆★☆★☆★☆

サティヤ サイ ババの御言葉です。
『イエスは極めて純粋で神聖な人物でした。イエスの教えを忘れて自分はイエスを愛していると公言するのは、まったく愛ではありません。あなた方全員が、「神は1つ。愛は神。愛の中で生きる。」ということを覚えていなければいけません。この方法によってのみ、今は多くの分断があっても人類を統一することができます。あらゆる偉大な賢者や預言者の教えを吸収しなさい。誰をも見下してはなりません。どんな源からも善いものを受け取る権利は、誰にもあるのです。宗派やカーストの違いは関係ありません。ただ1つのカースト、人類というカーストがあるだけです。ただ1つの宗教、愛という宗教があるだけです。ただ1つの言語、ハートの言語があるだけです。ただ1つの神がいるだけであり、神は遍在です』
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSSIOJ奉仕チーム
・お問い合わせ: saihelp@sathyasai.or.jp

2022年1月8日土曜日

コロナ対応でのセヴァ(奉仕)6

OM SRI SAI RAM

当団体では、コロナ禍のなかでセヴァを継続的に行ってきました。
今回は、路上生活者の方への支援以外にも、献血セヴァについても掲載しています。
その実施内容をフェイスブックにアップしましたので、転載いたします。







サティヤ サイ ババの御言葉です。
『皆さんは全員学生ですが、一生ずっと学生であり続けなさい。自分は教育を終えて、今は奉仕活動に従事している、などと考えるのは誤りです。皆さんは誰かの下で働く召し使いではありません。実際、皆さんはリーダーです。どのような奉仕を請け負っても、その奉仕をしているのは自分である、と考えるのは間違いです。決してそのようなことが起こってはなりません。実のところ、あなたの請け負っている奉仕が何であろうとも、それはあなた自身を向上させるためのものです。奉仕活動は、自信〔神我への信頼〕、自己満足〔神我を満足させること〕、自己犠牲〔神我への犠牲〕をもって行い、最終的に自己実現〔神我顕現〕を目的としなければなりません』
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSSIOJ奉仕チーム
・お問い合わせ: saihelp@sathyasai.or.jp

コロナ対応でのセヴァ(奉仕)5

OM SRI SAI RAM

当団体では、コロナ禍のなかでセヴァを継続的に行ってきました。
その実施内容をフェイスブックにアップしましたので、転載いたします。











サティヤ サイ ババの御言葉です。
『相手はよそ者だという区別意識があると、奉仕は相手を見下した恩着せがましいものになります。奉仕は奉仕の味を失います。その奉仕はエゴという悪を助長します。奉仕を受けた人も、自分は下なのだと感じて傷つきます。このような奉仕は、セヴァ〔神に捧げる無私無欲の奉仕/セーヴァー〕と呼ばれるサーダナ〔霊性修行〕とはかなり相反するものです』
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSSIOJ奉仕チーム
・お問い合わせ: saihelp@sathyasai.or.jp

2021年9月7日火曜日

第7回関東地域合同献血セヴァのご報告

OM SRI SAI RAM

【第7回関東地域合同献血セヴァのご報告】

8月29日(日)に、東京の東急自由が丘駅 女神広場で行われました献血セヴァの報告がありましたので、皆様にお知らせいたします。

*****
ババさまの蓮華の御足に感謝のお祈りを捧げます。

新型コロナウイルス感染症は、今なお厳しい状況が続いていますが、血液不足もまた同じく深刻な状況です。
今回の献血セヴァを実施するか中止するかを迷うところではありましたが、主催者(日本赤十字社)の言葉をお借りしますと「献血は医療に必要な活動として継続しなければなりませんので、献血バスの配車自体を中止することはございません」とのことでした。
そのため、緊急事態宣言中ではありましたが、去る8月29日(日)に日本赤十字社の献血バスでの献血と、有志5名が参加しての広報セヴァを感染対策に十分留意しつつ実施しました。
当日の献血受付人数は64名、うち献血できた方は44名でした。
多くの方に献血していただき、日赤のご担当者からも「離れた所で案内を見て足を運んでくださった方も今回多くおられ、広報活動が効果的でした」という言葉をいただきました。

現地でご参加いただいた皆さま、ご自宅の最寄りの献血会場で献血にご協力くださった皆さま、お祈りくださった皆さま、誠にありがとうございました。
Jai Sai Ram
*****

サティヤ サイ ババの御言葉です。
『「奉仕を捧げて、愛を受け取る」――これが神性を体験するための処方箋です』
1987年11月19日「全インド サイ アクティブ ワーカー大会の御講話」
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSSIOJ奉仕チーム
・お問い合わせ: saihelp@sathyasai.or.jp

2021年4月5日月曜日

コロナ対応でのセヴァ(奉仕)4

OM SRI SAI RAM

当団体では、コロナ禍のなかでセヴァを継続的に行ってきました。
今回は、路上生活者の方への支援以外にも、クリスマス関連のセヴァについても掲載しています。
その実施内容をフェイスブックにアップしましたので、転載いたします。

【クリスマスカード作り(大阪)】 日本語の報告は後にあります。 In November 2020, SSSIOJ volunteers in Osaka made Christmas cards for...

Sri Sathya Sai International Organization Japanさんの投稿 2021年4月4日日曜日


【生活困窮者と児童養護施設へクリスマスプレゼント(関西)】 日本語の報告は後にあります。 SSSIOJ volunteers in Kansai sent Christmas gifts including handmade...

Sri Sathya Sai International Organization Japanさんの投稿 2021年4月4日日曜日


【生活困窮者への食事と日用品配布(名古屋)】 日本語の報告は後にあります。 On February 28, 2021, 12 SSIOJ volunteers from Nagoya and Kanazawa extended...

Sri Sathya Sai International Organization Japanさんの投稿 2021年3月30日火曜日


【生活困窮者への食事と日用品配布(名古屋)】 日本語の報告は後にあります。 On this day of Holi that signifies the triumph of good over evil and the day to...

Sri Sathya Sai International Organization Japanさんの投稿 2021年3月30日火曜日


サティヤ サイ ババの御言葉です。
『セヴァ修行〔霊性修行としての奉仕/セヴァサーダナ〕を通じて、ハヌマーンは、川が海と自己との一致に到達するように、ラーマと自分との一致に到達しました。同様に、アルジュナは一切の行為をクリシュナの恩寵を得るための霊性修行と見なしました。というのも、クリシュナはアルジュナに、「マーム アヌスマラ ユーディヤチャ」〔あらゆる時に私を念ぜよ。そして戦え。〕すなわち、ずっとクリシュナを想いながら戦い続けるようにと、指示したからです。あなた方もそれと同じように、病院患者に奉仕をしているときも、商店街の下水溝を掃除しているときも、常に神をペースメーカーとして心の中に留めておきなさい。それこそが苦行であり、それこそが最高の霊性修行の形です。100の講義を聴くよりも、他者に講義をするよりも、心からのセヴァという1つの行為を神に捧げるほうが、神の恩寵を引きつけます』
https://www.sathyasai.or.jp/mikotoba/discourses/d_19811119.html
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSSIOJ奉仕チーム
・お問い合わせ: saihelp@sathyasai.or.jp
サイ セヴァ「助け愛の輪」メールグループへの登録

2021年3月30日火曜日

コロナ対応でのセヴァ(奉仕)3

OM SRI SAI RAM

当団体では、コロナ禍のなかでセヴァを継続的に行ってきました。
その実施内容をフェイスブックにアップしましたので、転載いたします。


【生活困窮者への食事と日用品配布(名古屋)】 日本語の報告は後にあります。 On rainy Sunday, July 26, 2020 SSIOJ volunteers in Nagoya center distributed food...

Sri Sathya Sai International Organization Japanさんの投稿 2020年7月31日金曜日


【生活困窮者への食事と日用品配布(名古屋)】 日本語の報告は後にあります。 On Sunday August 23, 2020, 5 SSIOJ volunteers members joined for the monthly...

Sri Sathya Sai International Organization Japanさんの投稿 2020年8月23日日曜日


【生活困窮者への食事と日用品配布(名古屋)】 日本語の報告は後にあります。 On September 27, 2020, 8 SSSIOJ volunteers in Nagoya joined for the monthly...

Sri Sathya Sai International Organization Japanさんの投稿 2021年2月7日日曜日


【生活困窮者への食事と日用品配布(名古屋)】 日本語の報告は後にあります。 On October 25, 2020, auspicious day of Vijaya Dasami, SSSIOJ volunteers in Nagoya...

Sri Sathya Sai International Organization Japanさんの投稿 2021年2月7日日曜日


【生活困窮者への食事と日用品配布(名古屋)】 日本語の報告は後にあります。 On January 24, 2021, SSSIOJ volunteers in Nagoya conducted monthly service...

Sri Sathya Sai International Organization Japanさんの投稿 2021年2月7日日曜日


 
サティヤ サイ ババの御言葉です。
『調和と一体性の中で生活することを身に付けなさい。個人にとっての肉体は、村人にとっての村です。体内のすべての器官は、他のすべての部分と協力しながら機能します。もし足がトゲを踏んだら、痛みを感じて、目が涙を流します。もし目が路上にトゲや石があることに気づいたら、それを避けるよう足に警告します。村人たちは一つの有機体として、一体性という同一の感覚を育み、喜びや苦しみを分かち合うべきです。一体性という強みがあれば、あなた方にできないことは何もありません』
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSSIOJ奉仕チーム
・お問い合わせ: saihelp@sathyasai.or.jp