2019年6月26日水曜日

やったよGo! Green 2019

OM SRI SAI RAM

全国の皆様が実践したことを投稿してくれましたので、ご紹介します。

ずっと捨てようと思いつつ、捨てずにいた炊飯釜とフライパンを専門の業者さんに送って、フッ素再加工(テフロン再加工)をして蘇らせてみました。
「ゴー! グリーン」かなと思ったのでご紹介します。

加工費は買い換えた場合と比べて、
5号炊の炊飯釜は、5分の1
直径29cmのフライパンは、3分の1
のお値段で済みました。

業者さんに送ってから10日間くらいで、はがれたテフロンが再加工されて戻ってきました。
うちには炊飯器が3つあるので、その間は別の炊飯器を使っていましたが、
ご飯はお鍋でも簡単に炊けるので、1つしかない炊飯器を再加工する場合も心配はいらないと思います。

ゴミにならずに良かったです。

            ★炊飯釜加工前
                 ★加工後
            ★フライパン加工前
            ★加工後
サティヤ サイ ババの御言葉です。
『ナガラサンキールタンは個人と社会の双方に大きな影響を及ぼします。汚い空気を吸えば、健康が害されます。愛も敬意もない、忌まわしい淫らな宣伝文句をがなりたてること、また、話すだけでも、空気は有害なバイブレーションで汚染されます。空気をきれいにするには、神聖で、健全で、幸せなバイブレーションを広めなればなりません。それも、夜明けと共に人々が外に出てくる前にです。善良な男女のグループが神の御名を高らかに歌いながら通りの端から端まで歩くとき、御名の一つひとつからよい香りが漂い、御名の一つひとつに愛が共鳴します。それらが空気を清め、すべての人が吸うべき澄んだ空気へと変えるのです』
1970 年 11 月 22 日の御講話
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように

*+:。.。 。.。:+*★*+:。.。 。.。:+*☆*+:。.。 。.。:+*★*+:。.。 。.。:+*☆
☆「マイ Go! Green」では皆さんの環境を守るための取り組みを募集しています。個人で行っている環境に優しい行いを
こちらまでお寄せ下さい。(写真がある場合の送り先は、別途ご連絡いたします)
────────────────────────────────

SSIOJ奉仕部
・お問い合わせ: saihelp@sathyasai.or.jp

サイ セヴァ「助け愛の輪」メールマガジンへの登録

2019年6月5日水曜日

第5回関東地域合同献血セヴァ

OM SRI SAI RAM

関東のセンター・グループでは、毎年、日本赤十字社との共催により献血セヴァを実施しています。
今年も5月26日(日) に駅前に献血車を出して、第5回目となる献血セヴァが実施されました。
その報告が来ていますので、以下に掲載いたします。


当日はお天気にも恵まれ、たくさんの方にご協力をいただくことができました。
日赤の担当者様のお話では、受付されたが残念ながら献血できなかった方が例年より少し多めではあったようですが、特に不足していたA型、O型が確保できたそうです。
また、献血協力者の半数近くの方が駅前などのセヴァダルの声がけによって足を運んでくださり、呼び込みセヴァの効果が大きかったと思われます。

社会に役立つ奉仕をさせてもらえたことに感謝いたします。
サティヤ サイ ババの御言葉です。
『皆さんの血液の一滴一滴は両親からの贈りものです。皆さんがこの世に在るのは両親の愛のおかげです。ですから、献血が必要とされているときには、いつでも自分の血を差し出すようにしなさい。そうすることで、親と社会に対する義務を果たしなさい』
http://sathyasai.or.jp/mikotoba/discourses/d_20040101.html
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSIOJ奉仕部
・お問い合わせ:
saihelp@sathyasai.or.jp
サイ セヴァ「助け愛の輪」メールマガジンへの登録

2019年3月9日土曜日

平成31年度ボランティア保険

OM SRI SAI RAM

ボランティア活動保険のご案内です。

SSIOJでは、皆様の帰依をセヴァ(奉仕)という形で、愛するスワミの蓮華の御足に捧げる様々な機会がございます。これから奉仕活動に参加される方々、もう既に活動されている方々へボランティア活動保険のご案内を致します。

<ボランティア活動保険の説明>
ボランティア活動保険とは

(1)ボランティア活動中の事故によりボランティア本人が怪我をした。

(2)ボランティアの方々がボランティア活動中、他人に対して損害を与えたことにより、損害賠償問題が生じた。

(1)、(2)の場合を補償する、任意加入の保険です。
※天災タイプでは、地震、噴火、津波によるケガも補償されます。

保険期間は毎年4月1日0時(左記以降に加入した場合は加入日の翌日)から翌年3月31日24時までの1年間です。
保険加入料金は350円~710円まであり、加入するプランによって異なります。

詳細は以下のリンクをご参照ください。


※東京都は、保険加入料金が異なります。詳しくは以下をご確認ください。
http://www.tokyo-fk.com/volunteer/volunteer.html

※お申し込みは全国すべての市区町村に設置されている、「社会福祉協議会」へ行き個人や団体での加入ができます。

具体的に、お住まいの社会福祉協議会をPCやスマホで検索する場合は、
例えば、目黒区在住なら「目黒区社会福祉協議会」と検索すると所在地等の情報が出てきます。
福岡市在住なら「福岡市社会福祉協議会」で検索すればでてきます。

尚、既に「31年度分」を他団体や個人でボランティア活動保険に加入されている方は、別途加入されなくても大丈夫です。また、加入は任意であり、SSIOJで強制するものではありません。

補足資料として、以下に「留意事項」を掲載いたします。

http://www.shakyo.or.jp/saigai/pdf/20150515_01_v3.pdf



サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSIOJ奉仕部
・お問い合わせ:
saihelp@sathyasai.or.jp
サイ セヴァ「助け愛の輪」メールマガジンへの登録

2019年2月15日金曜日

東京サイセンターのナーラーヤナ セヴァ

OM SRI SAI RAM

本日は、東京サイセンターからのナーラーヤナ セヴァの報告です。

東京サイセンターでは、四半世紀にわたって、東京のホームレスの方たちに無償でお食事を提供しています。

この奉仕活動は1994年、1人のボランティアが2週間に1度、新宿で30食のお弁当を配布することから始まりました。その後、この活動は広がっていき、現在では週に2回、計約400人分の野菜カレーのお弁当を新宿と代々木で配布しています。

暑い時期には冷たい飲み物を添えたり、冬には寝袋や防寒着を配ったり、サイセンターのお祭りの時には、お赤飯を用意することもあります。
 サティヤ サイ ババの御言葉です。
『穏やかな心は愛の住処です。愛は人間に本来備わっているものですが、人間の中にある愛も、肥料と水で養分を施されなければならない種のように、サーダナ(献身的な奉仕)とプレーマ(愛)によって養われなくてはなりません。愛は神聖な性質です。愛は甘露のようなものです。神の愛の不滅の甘さを味わった人は、他に世の中のものは何一つ望まなくなります。人生は、絶え間ない愛の発露とならなければなりません。今、愛は、抑制された、利己的な方法で表されています。愛は社会への奉仕という形で表される必要があります。愛は、他の人々に捧げ、他の人々と分かち合わなければなりません。そうすることで、愛は互恵的な、絶えず拡大していく体験となるのです』
http://www.sathyasai.or.jp/mikotoba/discourses/d_19871124.html
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSIOJ奉仕部
・お問い合わせ:
saihelp@sathyasai.or.jp
サイ セヴァ「助け愛の輪」メールマガジンへの登録

2019年1月4日金曜日

ネパールにおけるSSIOの奉仕活動

OM SRI SAI RAM

新年明けましておめでとうございます。

2019年が皆様にとりまして、ババ様の慈愛と英知に満ちた年となりますことを心からお祈り申し上げます。

本日は、ネパールにおけるSSIOの奉仕活動についてご紹介いたします。

SSIOでは、2020年の御降誕95周年までに、全世界の95のコミュニティに継続的支援を行う95コミュニティ・アドプション(養子縁組)プロジェクトに取り組んでいます。
日本を含むSSIO世界第五ゾーンは、SSIOネパールと連携して、ネパール南部にある村の災害復興を支援しています。(日本は主に資金面での援助を行っています)

これまでにSSIOネパールが取り組んできた支援活動をまとめた映像をご紹介いたします。


サティヤ サイ ババの御言葉です。
『人間に与えられた人生の年数はごく短いものですが、人間が住む世界は広大であり、時の流れは永遠の昔から、遙(はる)かな未来に及びます。人がこの世で為(な)すべきわずかなことは、敏速に、自分が割り当てられた場所で、与えられた時間内に終わらさなければなりません。さらに、人間には大変な使命があります。人がこの世に人間として生を受けるのは、それを遂行するためであり、いくつもの過去世(かこぜ)で積んできた徳と交換に、こうして人間として生まれることができたのです。その使命とは、実に、人間の内に潜んでいる神性を顕現することです。その使命を達成するための、もっとも容易で、もっとも喜びの多い手段は、セヴァ――つまり、献身と信愛の精神で行われる、人間への奉仕です』
http://www.sathyasai.or.jp/mikotoba/discourses/d_19750128.html
サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSIOJ奉仕部
・お問い合わせ:
saihelp@sathyasai.or.jp
サイ セヴァ「助け愛の輪」メールマガジンへの登録