2016年4月30日土曜日

被災者支援情報 【無料の仮住まい提供情報】

OM SRI SAI RAM

亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々に、
心よりお見舞いを申し上げます。

各市町村の指定避難所では、避難している高齢者の看護や介護ができる人がいなく、
熊本市では全国のヘルパーや介護経験のある人に、ボランティア要請を呼びかける事態になっています。
http://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=12527

余震や混乱が続くなか、介護が必要、不必要に関わらず、一時的にでも住んでいる地域を離れて、状況が落ち着いてから戻り、
生活を再建していくという方法もあるかもしれません。

全国の市区町村では、数ヶ月~1年間の「無料の仮住まい」を提供しているようですので、こういったものも活用されてはどうかと思いました。

被災者に対する宿泊施設、仮住まいの各都道府県の受け入れ情報
※2016.04.21次点でのまとめ情報

仮住まいネットワーク鹿児島(公営)
仮住まいネットワーク鹿児島(民間)
※鹿児島では、まだまだ空き家が多く提供できるそうです。
※随時更新

サマスタ ローカー(ハ) スキノー バヴァントゥ
すべての世界のすべてのものが幸せになりますように
────────────────────────────────
SSIOJ奉仕部
・お問い合わせ: saihelp@sathyasai.or.jp
サイ セヴァ「助け愛の輪」メールグループへの登録